病院で治療することの危険性!

病院でもらう薬や治療法には悪い面があります。
これを紹介いたします。


 

1.抗ヒスタミン薬

ドラッグストアーでも市販されており、比較的軽度の花粉症に処方されます。

ヒスタミンというむず痒さを引き起こす体内物質を抑えるものです。
眠気やだるさ、口の渇きといった副作用があります。
車の運転や大切な会議などの前には飲むべきではありません。

 

2.ステロイド剤

耐え難い花粉症の症状には、強力なステロイド剤が処方されます。
強力なステロイド剤は、効き目は強いです。

ステロイドは副腎皮質で分泌されるホルモンであり、
ステロイド剤は、これを人工的に作ったものです。

免疫系の働きを抑えることで、過剰なアレルギー反応を和らげます。

免疫系の働きを抑制するのですから、当然多くの副作用があります。
例えば、
・風邪や感染症のリスクの増加
・骨粗鬆症
・肥満
・高血圧とむくみ
・精神不安定と睡眠障害
・筋力低下
などです。

個人的には、
どんなに花粉症のお症状がひどくても
お勧めいたしません。


 

3.レーザー治療

体内に花粉が侵入する経路自体を塞いでしまおうという治療です。

簡単に言えば、鼻の粘膜をレーザーで焼くことで花粉が体内に取り込まれにくくしいます。

治療で数年程度は効果が持続しますが、
目や喉からの花粉の侵入はまったく防げません。

また、数年おきに同じ部位にレーザーを照射するのですから、
鼻の粘膜が萎縮しガンになる危険性があります。

 

4.舌下免疫療法

花粉症の根本的な治療法として、近年注目されています。

この治療法は、花粉症のアレルゲンとなる物質を少量づつ体内に投与し、
体をならしていくことで、花粉症を克服するものです。

残念ながら、即効性はなく、完治までには数年かかります。

気をつけなければいけないのは、アナフィラキシーショックの危険性があるということです。
アナフィラキシーショックとはアレルギー症状の一種で、
アレルゲンを摂取したときに、じんましん、吐き気、呼吸困難などの激しい症状が突然現れるものです。
酷い場合は死に至ります。

アナフィラキシーショックを起こす人はごく少数ではありますが、
予め予想することは困難で、絶対起きないと断言することはできません。

 

医師や病院に頼らずに、花粉症対策をすることも可能ですから
是非ご検討ください。
その一つとしてサプリメントの活用があります。


花粉症にはヨーグルトが良いと言われ、実際に効果が現れた方もいらっしゃいます。
しかしながら様々な種類のヨーグルトを試してみたが、
効果が感じられないという方も多いのです。

また薬を服用するという手段もあるのですが、
その危険性は上述のとおりです。

近年、花粉症対策サプリとして、
乳酸菌を配合することにより免疫力を高めたものが多数市販されております。

しかしながら、「試してみたけど、ほとんど効果がなかった」
という意見・感想も数多く見受けます。

私は、下記のごときサプリメントをお勧めしております。
よろしく、ご検討ください。


新しい乳酸菌を配合したベビー乳酸菌を公式ページでご確認ください↓↓↓↓
ベビー乳酸菌

ベビー乳酸菌は、
1.乳酸菌として、「日本人の女性」から発見された今話題の成分「クリスパタス菌」を使用し、
2.そして乳酸菌と相性のよいビフィズス菌と、
3.プレバイオティクスである「オリゴ糖」と「食物繊維」が配合された
プロバイオティクス的効果を持つサプリメントです。

使用されているクリスパタス菌には、
① 特許製法により大量生産に成功した新しい菌であり、
② 他の乳酸棋院に比べて免疫活性が高く、
③ 熱に強い、
という特性があります。



バイオジェニックスとは
バイオジェニックスは、
腸内細菌研究の第一人者である
東京大学名誉教授の光岡知足先生によって提唱されました。
すなわち、バイオジェニックスとは、
直接、あるいは腸内フローラを介して、
・ 免疫賦活
・ コレステロール低下作用
・ 血圧降下作用
・ 整腸作用
・ 抗腫瘍効果
・ 抗血栓
・ 造血作用
など、
生体調節、生体防御、疾病予防・回復、老化制御等に働く食品成分と定義されています。



プロバイオティクスとバイオジェニックスの違い



プロバイオティクスの概念を着想したのは、
ロシアの微生物学者:イリヤ・メチニコフ博士(1845-1916)です。
イリヤ・メチニコフ博士は、
乳酸菌は生菌・死菌のどちらでも効果があると指摘していました。
100年以上前に、死んでしまった乳酸菌にも良い効果があることは知られていたわけです。

しかし、現在では、『プロバイオティクス』は、
「十分な量を投与すれば宿主の健康に利益を与える生きている微生物
と定義されています。
すなわち、プロバイオティクスには死菌や菌による産生物質は含まれておりません。

つまり、『プロバイオティクス』には、
ヒトや動物に良い効果を示す生菌しか含まれません。


このように、死菌や菌の産生物質はプロバイオティクスの範疇から外れてしまいます。
このため、バイオジェニックスという概念が必要になるわけです。

乳酸菌の菌体や菌の産生物質のバイオジェニックス的な効果
プロバイオティクスは生きた微生物であり、
その効果は当然生きた微生物による効果に限定されています。

これに対して、
バイオジェニックスには死菌や微生物の産生物質も含まれますから、
その効果はプロバイオティクスよりも広範囲に及びます。

特にバイオジェニックス的な成分として話題になるものは
乳酸菌・ビフィズス菌などの菌体(特に死菌) と、乳酸菌・ビフィズス菌の産生物質です。
(これを、狭義のバイオジェニックスと称します)


乳酸菌・ビフィズス菌の菌体自体による効果

乳酸菌の「菌体」自体に免疫を強化したり、
免疫調整作用(抗アレルギー作用)が見つかっているものがあります。
「菌体」による作用なのですが、菌が必ずしも生きている必要はありません。


乳酸菌・ビフィズス菌が産生する物質による効果

菌体外多糖を産生する菌
乳酸菌・ビフィズス菌のなかには、例えば菌体外多糖を作り出すものがあります。
乳酸菌の作り出した菌体外多糖には
免疫力強化作用や抗アレルギー作用、
食物繊維のような働きをしてコレステロール値の上昇を抑制する作用
などがあるものが発見されています。

これは菌の作り出した物質による作用なので、
これもまた菌の生き死には関係ありません。


抗菌物質を作るロイテリ菌
例えばロイテリ菌はロイテリンという抗菌物質を作り出します。
これは一般的にヒトにとってあまり好ましくないとされている、
・ グラム陽性菌
・ グラム陰性菌
・ 酵母
・ カビ
・原生動物
・ ウイルス
などの生育を抑制する働きがあります。


このように菌体や菌の作り出した物質にも有用な効果が期待できます。


機能性食品の新時代が到来


生菌を多く取ろうとすると、ヨーグルトや乳酸菌飲料の大量摂取が必要ですが、

バイオジェニックスの発想により「死菌でも構わない」とすると、
菌体の大量摂取は比較的容易で、

乳酸菌生産物質に関しては、
長期間発酵させた乳酸菌生成物を加熱処理し、
錠剤などにすることも可能です。
そうすれば「兆」を超える単位の菌が簡単に摂取できるようになります。


錠剤化あるいはカプセル化によりサプリメントにすれば、
体調が悪いときや病気の予後に使うときに、大変便利です。


プロバイオティクスから始まった日本の機能性食品の研究は、
バイオジェニックスへとたどり着いたことで、
新時代が到来したのではないでしょうか。
 



バイオジェニックス・サプリ:天然美通


先ず、天然美通の公式ページをご覧ください↓↓↓↓
天然美通

大豆発酵エキスをぎゅ~と凝縮


天然美通は、大豆発酵熟成エキスを飲みやすくカプセルにしたサプリメントです。

大豆発酵熟成エキスは、
1.培地として国産無農薬契約栽培丸生大豆を使用し、
2.水として非加熱の国産天然湧水、超軟水(硬度29度)の「高賀の森水」を使用し、
3.菌(嫌気性有胞子性有用菌約20種)を
4.2年以上の時間をかけて、高温5段発酵・熟成
する発酵法により産生されております。

寿命が3~4日である有用菌を2年以上の時間をかけて発酵・熟成させております。
菌の世代交代を人間の世代交代に置き換えて換算すると、
これは1万年以上に相当いたします。

この発酵・熟成を理想的と考えられる環境下で行っているので、
得られる生産物質も理想的で、
優れたバイオジェニックス・サプリが得られていると思われます。

2年以上の時間をかけているので、
菌のほとんどは死滅しており、
プロバイオティクス的効果はほとんど失われていますが、
生産物質と死菌によりバイオジェニックス的効果を担保されています。

プロバイオティクス的効果を期待できないということは、
逆に、その性能・品質の安定性を保証するものであり、
必ずしも悪いことではありません。

 

自分磨きサークル

ブログを更新したらここで報告

ブログランキング応援サークル

アクセスアップのお手伝い!ブログサークルあんてな

【公式】健康・医療サークル

初心者アフィリエイター

アフィリエイト

2017年にブログ始めましたサークル

みんなで気軽にアクセスアップ

ブログランキング応援サークル

この記事へのコメント

↑↑↑時短起業法を解説した伝説のセミナー2本の全24時間を動画で無料プレゼント ↑↑↑1件7,000円以上が可能なアフィリエイトを実現するスーパーVIP待遇ご登録の案内↓↓↓
だいぽんさんのページ⇒